amazonに返品してみた!送料を安くするには?

amazonでプレゼント用に商品を買っていたけど都合により必要なくなったので返品してみました。

amazonに返品出来るのか?

amazonで購入してから20日ぐらいたっていたけど返品できるのか調べてみたら

Amazon.co.jpが発送した未開封・未使用の商品は30日以内であれば返品できるとの事。

しかも全額返品してくれるそうです♪

もし30日を過ぎても原則20%減額して返金してくれるみたいです。

返品にもいろいろ条件があるみたいなので詳しくはamazonのヘルプページをご確認ください。

ただし返品送料は自己都合の為こちらが負担するみたいです。

着払いで送っても良いみたいですがその時は返金代金から返送料を差し引いた金額が返金されるそうです。

ただここで気になったのが返品する時の送料です。

返品送料を安くするには?

amazonの案内にはAmazon.co.jp返品専用日本郵便株式会社の集荷サービスを利用するように案内されています。

これってゆうパックの事なのですが料金がちょっと高めです。

この集荷サービスを利用しない場合は、返品総額が7500円以上になる際には必ず追跡サービスを利用した配送方法で送ってくださいとの事です。

やはり料金は少しでも安くしたいので他の方法ではダメなのかなと思い

いろいろネットで調べてみたのだけれど良くわかりませんね。

って事でamazonのカスタマーセンターへメール便とかでも良いのか直接聞いてみました。

すると

返送につきましては商品が保護できる状態でしたら問題ございませんが、お客様ご自身で返送される場合、宅配便やゆうパックなど、配送の際の補償が付いており、追跡サービスが利用できる返送方法でご返送いただくようお願いしております。
封書やゆうメールなど伝票番号が発行されず追跡サービスが利用できない場合、また、配送の補償がない状態で商品をご返送された場合、当返品受付セ ンターで商品の到着を確認できない可能性がございます。このような場合には、商品代金のご返金ができない場合がございますので、あらかじめご了承くださ い。

って回答のメールがきました。

要するに「商品がきちんと届けばどんな返送方法でも良いですよ。ただし、商品が途中で紛失したり、破損したりした時はこっちでは責任は持てませんよ。」

って事だと勝手に判断しました。

ならばって事でクロネコメール便が一番安いのでメール便で送ろうかと思ったんだけど

さすがにちょっと不安があったので追跡が出来るレターパックライトで送ることにしました。

これでもゆうパックなら830円かかるはずだった送料が360円で済みますからね。

返品方法は?

では実際にamazonへ返品するにはどうするんだろうと思って調べてみましたが

返品方法は本当に簡単でした。

amazonへログインしてアカウントサービスから「商品を返品または交換する」をクリック。

ama-1

「購入商品を返品する」をクリック。

ama-2

注文履歴が表示されるので返品したい商品を選択して「この注文の商品を返品する」をクリックする。

返品する商品が表示されるので返品期間を確認して返品理由を選択。

ama-4

今回は都合により必要がなくなったを選択しました。

コメント欄は特に入力しませんでした。

あとは次に進むをクリックし進んでいき印刷を実行すればOKです。

返送手順が書かれたページと返送先住所・返送受付IDが記載されたページの2枚が印刷されます。

印刷後は返品したい商品を届いた時となるべく同じ状態(梱包材、保証書、付属品等含む)で梱包して

印刷した返送受付IDを一緒に入れて返送先住所に送るだけです。

返送先住所は印刷したものを貼っても良いですし、手書きでも良いです。

印刷されてたバーコードは気にしなくて良いみたいです。

返品結果は?

レターパックライトで返品してみた結果

2日後にはamazonから返品受付センターに商品が届いたよって連絡メールがきました。

一応追跡確認をしたらきちんと届いてるのが確認できました。

そして、その日のうちに返金処理が完了したとメールがきました。

クレジットカードで商品を購入していたため返金はクレジットカードに行われるみたいで

クレジット会社の対応によって実際の返金にはもう少し時間がかかるみたいですが

本当に簡単に返品・返金することができました。
amazonはお客様を本当に大事にするので購入した商品に不具合があったり、気に入らなかったりしたら遠慮なく返品することをお勧めします。

返品できるのか悩んだ時も気軽にカスタマーセンターなどに問い合わせたらきちんと回答してくれるので

迷ったらまず問い合わせてみる事をお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする