ドラマ【緊急取調室】のキャストとあらすじ!原作や主題歌は?

天海祐希さん主演ドラマ【緊急取調室】が4月20日(木)21時よりテレビ朝日系列で放送開始されます。

2014年に第1弾が連続ドラマとして放送され好評だった作品の第2弾です。

可視化設備の整った特別取調室で厄介な被疑者を取り調べる警視庁の専門チーム「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)の活躍を描くドラマとなっています。

今回はドラマ【緊急取調室】のキャストとあらすじ!原作や主題歌について紹介します。

緊急取調室のキャスト

天海祐希(真壁有希子 役)

真壁有希子:警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。女性初の捜査一課特殊班(SIT)の長として活躍するも、ある事件で犯人との交渉に失敗。キントリに配属された。周囲にこびない一匹狼タイプだったが事件の捜査を通して“キントリ”に連帯感を覚え、チームの一員としての役割を大切にするようになった。犯罪を強く憎み、被疑者を「マル裸にする」を信条に、取り調べに臨む。

田中哲司(梶山勝利 役)

梶山勝利:警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の管理官。警察組織の階級主義や、縄張り争いのしがらみに苦慮する一方、出世も目論む中間管理職。ノンキャリアだが、冷徹な判断力と要領の良さで出世を重ねてきた。昔からよく知る有希子の卓越した交渉能力に目を付け、キントリメンバーに抜てきした。キントリメンバーには絶大な信頼を寄せる。

速水もこみち(渡辺鉄次 役)

渡辺鉄次:警視庁捜査一課一係、殺人捜査第一係の刑事。係長である監物大二郎とコンビを組んでおり、周囲から「もつなべコンビ」と呼ばれている。恐怖心や駆け引きの機微というものを持たない怪力男。上司である監物の命令ならば、絶対に逆らわない従順な部下。キントリ・チームとの関係をうまく利用していけばいい、という合理的な面も垣間見える優秀な刑事。

鈴木浩介(監物大二郎 役)

監物大二郎:警視庁捜査一課の殺人捜査第一係長。渡辺鉄次の上司で相棒だが、度量が小さく、すぐ物に当たる。自分たちが検挙した犯人を横取りしていく緊急事案対応取調班(通称・キントリ)に対して、敵意を抱いている。。徐々にキントリチームの実力を認めつつあるが、相変わらず「俺たちはパシリじゃねぇ」が口癖。

大倉孝二(磐城和久 役)

磐城和久:警視庁刑事部部長。過去の不正などによる、世間の警察に対する不信や批判を払しょくすべく、「開かれた警察」をアピールしようと躍起になっている。梶山勝利をライバル視しており、彼が率いるキントリの活躍を内心では面白く思っていないが、彼らをうまく利用し、自分のポジションを確立しようとしている。

でんでん(菱本進 役)

菱本進:警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。刑事人生の大半がいわゆる“マル暴一筋”で、見た目も物言いもまるでヤクザ。犯罪の生き字引。おだてたり、脅したり、取引をもちかけたりと、悪賢い駆け引きと経験で犯人を落としていく。以前は、女性警察官など邪魔だと思っていた。現在も、有希子のことを「おばはん」と揶揄したりもするが、有希子の能力は十分認めている。

大杉漣(中田善次郎 役)

中田善次郎:警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。通称・ホトケの善さん。とにかく温和で、人情味あふれる善人。どんな凶悪犯であっても更生できると信じており、取り調べでも無駄にテクニックを駆使せず、誠実に対応し、情で落とす。有希子との間には取り調べを通して、信頼関係が生まれている。

小日向文世(小石川春夫 役)

小石川春夫:警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。キントリチームきっての頭脳派で、被疑者にもソフトに対応するが、その実、徹底した洞察力を発揮して追い込んでいく。普段はいつも笑顔。だが、誰も彼が本当に笑っているとは思っていない。有希子をからかったり、皮肉を言ったりすることもあるが、有能な同僚として認めている。

緊急取調室のあらすじ

可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる『緊急取調室』の活躍を描く。今回のテーマは“普通の人間が一番怖い”。人生を積み重ねる中で、超えてはいけない一線を越えてしまった人々。時にゾッとさせ、時にやるせなさや悲しさを感じさせる彼らの闇を、真壁らが暴いていく。

緊急取調室の原作

緊急取調室は原作のないオリジナルの脚本となっています。

脚本を担当するのは数々の人気ドラマの脚本家として知られる井上由美子さんです。

『ギフト』『スペシャルドラマ忠臣蔵1/47』『GOOD LUCK!!』『エンジン』など

木村拓哉さんとのタッグでヒット作を連発させる一方

『白い巨塔』『14才の母』などの社会問題を題材とした硬派作品も手掛けられています。

緊急取調室の主題歌

緊急取調室の主題歌はAIの「最後は必ず正義が勝つ」です。

AIの約4年ぶりとなるオリジナルアルバム「和と洋」に収録されているみたいです。

発売日も6月7日に決定しました。

緊急取調室の見どころ

やはり天海祐希さんと脇を固める熟練俳優たちの圧巻の演技。

それと犯人役を誰が演じるのかも注目ですね。

天海祐希さんと犯人役のやり取りに注目しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする